2012年2月12日 (日)

セカンドカー

子供の送迎、買い物の足にと便利に使っていた我が家の2台目の車が、今月車検を迎えます。
EP91スターレット、5年落ちで買ってから9年、なんと15年目の車検です。
Ep91平成9年式

購入時は走行40000km弱、現在は78000km、この車では遠出しないので距離はのびてないですね。
壊れてはいないんですが、機関と足回りはややへたり気味で、外観も見るからにボロくなってきました。
今年は高校を卒業する長男も免許を取ることになるだろうし、そろそろ替え時なので、新たな車を探すことにしました。

条件は、リッターカークラスの小さい車であること。ビッツ、パッソ、マーチ、フィットあたりが本命ですね。
それでも新車だと100万以上はするので、やっぱり中古かな。
もちろん軽も候補なんですが、軽自動車って中古でも意外と高いんですよね~
最近だからカーリースも検討したけど、やはり支払総額が多いのがちょっともったいないので断念しました。

ネットで当たりをつけて、市内の中古車店で実車を見て回りました。
数軒回って決定したのがコレ!
K12青い!
K12マーチです。鮮やかなブルーメタリック、ちょっと派手ですがなかなかいい色です。
平成20年式で走行25000km、機関、外観とも極上です。

この形式のマーチは、内装はホワイト系が多いのですが、これは茶色系。Interior_2チョコレート?
こちらの方が、汚れが目立たなくていいか。

マーチの中では上級グレードなので、エアコンもオートです。
Aircon_4
プラズマクラスターまで付いてます。

NAVIも後付けらしいですが、HDDです。
Navi_3

タイヤは165/70R14、アルミではないですがキャップは綺麗です。
Tire_2

装備が充実している分、少し予算オーバーでしたが、まあ許せる範囲です。
まだちょっとしか乗ってないですが、なかなか楽しい車ですよ(^o^)

|

2011年4月12日 (火)

日帰り出張

今日は、兵庫県まで出張です。
当然、日帰りですが、兵庫と言っても神戸や姫路じゃなくて、日本海側。
時間的には、京都が中間地点(~_~;)

朝は、会社に行かずに家から直行です。
幸いちょうどよい時間に小田原に停まるひかりがあるので乗り込むと、同時に携帯から例の変な音が

1302641145126.jpg
なんと、余震で停電らしい。ついてないなぁ
でも15分程で新幹線は、動きだしました。
ひと安心と言いたいけど、京都での乗り換え時間は、もともと10分しかない。
このままでは、間に合わないけど、とにかく乗って行くしかないですね。
途中の名古屋や米原では、連絡する在来線が接続まちするとのアナウンスがありました。
きっと京都でも、待ってくれると思っていたら、接続まちしないとの放送が・・・なんでやねん!

京都に着いたのは、在来特急の発車二分前、ダッシュしだけど、間一髪乗れませんでした(T_T)
仕方ないので、次の特急に変更。なんと一時間まちです。
しかもやって来たのは、昔のL特急車両。

1302641146882.jpg古ぅ
本当なら、新型特急だったはずなのに。

1302641147926.jpgこれね

時間には、遅れましたがなんとかたどり着きました。

1302641148533.jpgここです。

仕事は、予定通り済んで、今度は帰路。
なんか電車に乗り過ぎで、うんざりですな。

でも帰りは、新型特急に乗れました(^-^)
しかも、貸し切り状態。

1302641149024.jpg
京都まで、とっても快適でした。

そして新幹線、帰りも小田原停車のひかりです。
仕事は終わったし、ビールとつまみを買い込んで・・・

1302641149547.jpg

電車の旅は、これがいいですね(^-^)

|

2011年1月24日 (月)

東北新幹線 はやぶさ

3月のJRダイヤ改正で、東北新幹線に新型車両"はやぶさ"が、登場します。
BD91DE02-DA06-4E44-855B-CE975174253D
しかし、すごいデザインですねぇ。
15mもあるロングノーズを持つその風貌は、子供の頃に絵本で見た未来の高速鉄道そのものです。
以前は、新幹線といえば車両の空気抵抗を低減することに主眼を置いた、飛行機にも似た流線型でした。
しかし、現在は東海道新幹線の"かものはし型"に見られるようなくさび形になっています。
時速300km程度なら、空力的には旅客機と同じ形でいいはずなのに、何故こんなに長い鼻なんでしょうか?
理由は空路になくて鉄道にあるもの・・・トンネルが関係しているようです。
道路トンネルと違い、鉄道トンネルは断面に余裕がありません。
鉄道トンネルは、固定されたレールの上を決まった大きさの車両しか通らないし、歩道も照明も不要なので、ぎりぎりの大きさでしか作らないためです。
そこに車両が高速で進入すると、空気の逃げ道がなくなり、車両に抵抗がかかり、出口側には衝撃波が発生します。(トンネル微気圧波といいます)
長いくさび形のノーズは、この衝撃波を低減するために、必要なんですね。

新青森駅までの延伸のCMに、三浦春馬くんを起用して盛り上がった東北新幹線ですが、また更に盛り上がりそうです。
品川駅にも、こんなのが展示されてました。
F78E75C2-859C-47B4-A624-1851F9CB0615
なんか、こういう物を作るのって、楽しそうですねぇ(^-^)

|

2010年10月23日 (土)

納車

先週買ったスクーターが納車されました。

View ジョグポシェ
安かったけど、オールペイント済みで外観は上
フロントバスケットのカバーがちょっと汚いけど、これは後でクリーニングすればOKかな。
Front
カゴの下に大きなヘッドライト・・・なんか一つ目の妖怪みたいなフロントですな(^^;

整備付きなので機関も上、バッテリーは新品でセルも快調に回ります。
茅ヶ崎で買ったので自分で取りにいって、そのまま平塚まで乗ってきました。

インプレッションは・・・
まず、サイズが前のDioよりちょっと小さく、ハンドルの幅が狭いです。
左右のミラーの大きさが微妙に違うけど、これは格安原付のご愛嬌でしょう(笑)

走行は8800km、実走行かどうかは分かりませんけど、エンジンは快調で高速までスムーズにのびます。
Meter

特筆すべきは、低速走行の安定性かな。2サイクルの苦手な低回転域でも、アクセル一定でじわーっと走ってくれます。
この辺は前のDioより使いやすいです。お買い物バイク的な位置づけなので、そういうテイストにしてあるのかもしれませんね。

乗り心地はちょっと堅め、でもこれはリアサスが交換してある所為かもしれません。
Suspention 強化サス?
販売店の話では、ワンランク上のサスに変わってるとのことでした。
そういえば、マフラーもシルバーのカバーが付いててオリジナルではないようです。
Exhaust ちと目立つ?
まったく問題はないのですが、ジョグポシェでこの仕様は何なんでしょ(^^;

さて、当然ですがこのスクーターも、釣の足として活躍してもらわなければなりません。
リアの荷台に、クーラーを入れるための着脱式のカゴ用のフレームをつけます。
しかしこのバイク、ここに給油口があるんですね。
Rearフレーム取付け完了
それを避けてフレームをつけたので、だいぶ後ろにはみ出してしまいました。
かごをつけてみると・・・
Basket はみ出しすぎ?
う~ん、やはり、かなりはみ出します。
でも強度的には問題なさそうなので、とりあえずこれでOKとします。
どうせ私のクーラーが重くなることなんて、滅多にないことだし(爆)

|

2010年10月19日 (火)

スクーター買い替え

2005年に中古で買ったスクーターが、ついに逝ってしまいました(T_T)

駅までの通勤に、ちょっとした買い物に便利に使ってました。
釣り仕様車にして、海までの足に使うのがメインだったりしましたが(^^;
購入時の価格は39800円、走行は1200kmでしたが、当然実走ではありません。
メーターは一回り、もしかしたら二回りしてたかも・・・
それから、5年間で7000kmほど走りました。

思い起こせばその間にも、いろいろと不具合が生じましたねぇ。
駐輪場に置いといたら、シートボックスのキーを壊されました。
無理にあけたって、安いヘルメットしか入ってないのに~
マフラーも穴が開いて、これは自力で交換しました。
バッテリーは消耗品なので2回交換、しかも2回目の交換の直後にセルモーターが、お亡くなりになりました。
それ以来、1年くらいはキックのみでエンジン始動してました。

他にも、エンジンからカラカラと異音、バイク屋に持っていってみてもらったら・・
「こりゃ、直すと高くつくから、もうこのまま乗っちゃってください」との返答(爆)
仕方ないのでそのまま乗ってましたが、最近どうもリアブレーキが怪しい感じがしてました。
そしてついにブレーキが戻らなくなり(焼きつきかな?)廃車決定です。

 DioHONDA Dio
見た目は、まだまだ使えそうですね。
いや、きっとブレーキシューとか交換すれば直りそうですが、そこまでお金かけるような状態ではないですから。

そうなると、代わりを見つけなくては・・・
近くのバイク屋を見て廻ったり、ネットで検索したりして、お手ごろなのを見つけました。
車種はヤマハのジョグポシェ(3kj)、旧型ですね。
 Jog税込み¥52500
フロントバスケット標準搭載のおばちゃん仕様お買い物バイクなので、中古は安いようです。
スタイルはイマイチですが、バスケットの下にライトが付いてるのは嬉しいです。

いつもリールやらルアーやら満載のバッグをカゴに入れて、夜明け前に海に向かって走る私。
バッグがライトの邪魔をして、暗くて前が見にくいのが悩みの種でしたから、コイツはいいですね。
一応、整備してくれて、土曜日に納車の予定です。
中古ですけど新しいバイク、実はちょっぴり楽しみです(^o^)

|

2010年5月23日 (日)

救急車

救急車というものに、初めて乗りました。

昨晩、急に体調が悪くなり、土曜の夜中だし、胸の辺りが苦しい状況だったので、救急にお願いすることにしました。
普通に歩ける状態だったので、近所迷惑にならないよう近くに来たらサイレンは止めてもらうようにお願いして待つこと3分位かな?
クルーの方はAEDとか持って出てきましたが、そんな緊迫した状況ではなかったので、普通に乗せてもらいました。

率直な感想・・・思っていたよりも乗り心地良くないですね。
気分が悪かったり怪我とかしてたら、結構きついかもなどと思ってしまいました。

病院について、心電図やらいろいろ確認した結果、原因は心臓ではなく胃腸の急激な動き(痙攣?)によるものと判明、1時間ほど休んで症状が良くなったところで帰宅となりました。
救急の先生からは、一応専門医に見てもらうように指示を受けましたので、明日行ってこようかと思います。

気がつけば厄年も過ぎ、そろそろ50も見えてくる年代になっちゃいました。
健康診断と胃腸検診はいつも受けてるけど、これを機に胃カメラでの検査もしてもらおうかな・・・

少しダイエットもしなくちゃ(汗)

|

2010年3月19日 (金)

東北新幹線

仙台まで出張してきました。今どきだから、当然日帰りです。
便利な世の中になったもんだと、おじさんはしみじみ感じてしまいます(^^;

 交通手段は新幹線、東海道、上越、長野新幹線は何度となく乗ってますが、何気に東北新幹線に乗るのは初めてかもしれません。
盛岡までの開業当時は、「やまびこ」と「あおば」だったのですが、今は、「はやて」「やまびこ」「なすの」のラインアップになってますね。

 でも行きに乗ったのは、車両が新しく快適との噂の秋田新幹線「こまち」(^^;
盛岡までは、「はやて」と連結して走るので、いっしょなんですよね。
Komachi こまち

秋田・山形新幹線は、東北新幹線と連結して発車し途中で切離して、そこから在来線の路線を走ります。
日本の鉄道ではレールの幅(ゲージ)が2種類あって、ほとんどの在来線は狭軌(幅1067mm)で、新幹線と京浜急行など一部の私鉄が広軌(幅1435mm)です。そのため、秋田・山形新幹線は在来線の路線にレールを1本だけ増設してどちらも走れるようにしています。世界的には1435mmが主流なので、これを「広軌」じゃなくて「標準軌」と呼ぶのが正しいらしいですけど。

東京駅で乗り込む時に気づいたのですが、、「こまち」と「つばさ」の車両は、他の新幹線に比べてやや幅が狭くなっています。レールゲージを広げたからといって、路線の建築限界(車両の走行、すれ違いの時に安全性を確保するための空間)をそんなに広げることは出来ないからですね。
ところが、ホームはフルサイズの車両に合わせて作られているので、車両とホームの間に大きな隙間が出来てしまいます。これを補うために、格納式のステップが着いていました。なんかノンステップバスみたいです。
Step格納式ステップ

期待の「こまち」の乗り心地はどうでしょう?
車内はやっぱりちょっと狭く、シートも2+2列です。足元も狭く、飛行機のエコノミークラスみたい。
しかし東海道新幹線と違いレールも新しいので、振動は少ないです。これは上越、長野新幹線でも同じことですが。
東京から仙台まで1時間40分、なかなか快適に過ごせました。
Sendai 到着

仙台といえば、楽天ゴールデンイーグルスの本拠地でもあったんですね。
開幕を控えて、カウントダウンのボードも出てました。
Eagles_2

仕事の方は順調にすすみ、予定より早く終わりました。
さあ、お土産買って帰ろう。仙台といえば、牛タン!
Tongue
いろいろあるけど、結構よいお値段しますね(^^;
ビールのつまみ用に、塩味のものを購入しました。

帰りは、普通に東北新幹線「はやて」です。
車両は3列+2列のフルサイズ。足元も広いし、やっぱりこっちの方がいいですね(^^;
Hayate

|

2009年11月16日 (月)

渡し船

11月から仕事で北九州に来ています。

年末までの短期の予定なので、単身で住処はレオパレス(^^;
電化製品もすべてそろっていて、なかなか快適なのですが、問題は周辺環境。
アパートがあるのは、北九州市若松区というところです。
最寄の駅は、JRの若松駅なのですが、小倉~博多を通る線の枝線のようなところで、福岡方面に出たりするのもちょっと不便です。

海(洞海湾)を隔てた対岸側は、戸畑地区でこちらは小倉からも近く、駅周辺も開けています。
直線距離なら、若松と戸畑は近いのですが、問題は海です。
大型の船舶が航行するので、橋がありません。

いや、ひとつだけ若戸大橋というのがありますが、これが有料の自動車専用道路です。
Wakato 大きな吊橋
車があれば問題ないけど、人や自転車は、どうするんでしょう?

実は、渡し船があります。橋が出来るよりももっと前から、住民の足として使われてきたようです。
朝6時台から、夜は10時過ぎまで、およそ15分間隔で、若松と戸畑を行ったりきたり。
料金は、片道100円で、所要時間は3分(^^;
Boat 緑の船

使ってみたらこれが意外と便利です。
アパートが、渡し場のすぐ近くなので、若松駅まで行くよりも、船を使って戸畑駅まで行くほうが、はるかに早いです。
将来、一般道路が整備されても、これは生き残るかもしれませんね。

|

2009年3月15日 (日)

さよならブルートレイン

3月14日のJRダイヤ改正で、東海道線を走るブルートレインが姿を消しました。

何を隠そう、かつて電車小僧だった私、朝早くにカメラを持って、踏み切りや駅に写真を撮りに行ったものです。
当時(1975年頃)は片道で9本の寝台特急が走っていたと記憶しています。
朝の上り、通過順で、紀伊・いなば→出雲→瀬戸→あさかぜ1→あさかぜ2→富士→はやぶさ→みずほ→さくら、だったかな。
そういえば、昔撮った写真はまだ残ってるかも・・書棚を探すと、昔のアルバムがありました。

最初に来る「紀伊・いなば」は、紀伊勝浦行きと出雲市行き(かな?)の抱き合わせ列車で、ヘッドマークはありませんでした。写真も残ってませんでした。

「出雲」 赤いヘッドマークが印象的でした。
Izumo1 出雲市、米子行き

「瀬戸」 当時は瀬戸大橋はまだ無く、宇野で四国高松への連絡船に接続してました。
瀬戸内海をイメージしたヘッドマークが好きでした。
Seto1 宇野行き

「あさかぜ」 最初のブルートレインだったと思います。
この列車だけ2本走ってました。
Asakaze1博多行きだったか?

「富士」 日豊本線経由(大分、宮崎を通る)で、片道24時間以上かかる列車でした。
はやぶさと抱き合わせになったけど、最後まで残ったブルートレインでした。
Fuji1 西鹿児島行き

「はやぶさ」 最後のブルートレイン、ヘッドマークに人気がありました。
Hayabusa1 西鹿児島行き

「みずほ」 熊本行き?カラー写真は見つかりませんでした。
Mizuho1

そして「さくら」 下りはこれが一番先に東京を発車だったと思います。
Sakura1 長崎・佐世保行き

当時客車を牽引していたのは、EF65という電気機関車です。
最もポピュラーでしたが、ブルートレイン用は、製造番号が500番台のもので、貨物用とはカラーリングがちょっと違いました。汽笛の音も高かったように記憶しています。
Ef65500 EF65 500番台

その後、中央に通路があるEF65の1000番台に移行し、最後はEF66が牽引してましたね。
Ef6510001000番台
Ef66 EF66

夜行の寝台も風情があっていいのですが、九州でも日帰りが可能な今の時代、やはり消え行く運命なのですね(寂)

|

2009年2月20日 (金)

高速ジェット船

羽田空港では、新滑走路(D-Runway)の建設と同時に、エプロンの拡張や新管制塔の建設工事も進められています。

現空港に姿を現した新管制塔も見えます。
Control 左が新管制塔

毎日、新滑走路島に船で渡っていますが、航行中に良く見かける超高速な船があります。
今日も、風の塔の脇から、しぶきを上げながら近づいてくる速いやつが・・・
Kaze 来たぞ~

正体は、東海汽船の超高速水中翼ジェット船です。
東京竹芝桟橋と伊豆七島を往復する定期船で、その名もセブンアイランド

船は3隻あり、カラーリングによって「愛」「虹」「夢」と名づけられています。
ジェット駆動で航行する船で、速度が上がると前方の可動式水中翼が立ち上がって、船底が水面より浮き上がります。
Niji 「夢」かっちょい~!

東京西航路もある羽田沖の海域は、工事用船舶やコンテナ船が数多く航行していますが、このジェット船はダントツのスピードで他の船舶を抜いていきます。
普段、私の乗っている交通船は、通常17ノット(時速30km)くらいで航行していますが、こいつは時速80km!
船舶の速度としては、異常に速いです。しかも、船体がほとんど水面から浮き上がっているため、航跡波も立ちません。

竹芝から大島までの所要時間は1時間45分、伊豆大島も東京から船で日帰りできる時代なんですね。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

つくる | みる | 乗り物 | 地域・行事 | 季節 | 遊び | 釣り | 雑記 | 食べ物